ビジネスローンで借入を成功させる

事業資金の借入はハードルが高いと感じていました。周りでも苦労したという声を耳にしていたため、出だしで躓いてしまわないかと心配でした。特に業歴があまり長くないのが考えられるネックで、懸念材料と判断されてしまうかもしれないと思っていました。ところが結果的に借入を成功させることができた時には感激でした。

 

成功できた理由は事業計画及び資金計画の書類作成に時間を費やしたことだと感じます。計画書類で失敗してしまうケースが少なくないようでしたから特に丁寧な作成を心掛けました。担当者からも緻密な内容で作成したところは評価してもらうことができましたし、借入額や返済計画などにも矛盾がなく、明瞭で分かりやすいとお墨付きをもらえました。業歴の面はやはりネックとなり指摘もされてしまったのですが、しかしそこをカバーできるほどの計画の信ぴょう性も感じてもらうことができ融資の決定に繋がった次第です。

 

もし借入が断られた場合はノンバンク融資も検討していました。審査も比較的優しいとされているようですから、ひとつの借入先の候補として考えてみるのも良いかもしれません。金融業者としても安全性は高いと思いますから敬遠する必要もないでしょう。

ファクタリングを使ってみての感想

そもそもファクタリングなどという資金調達手段があること自体を知りませんでした。確かにすべての取引が終わってから手形をもらっていたのでは資金化できるのは、その手形の期日までまたされるわけで資材や給与などその仕事にかかっている経費は前倒しで負担することになります。中小企業の苦しさは、販売よりもむしろ負担となるこれらの経費を回収することが先送りになることです。

 

常に苦しい資金繰りをすることになってしまいます。ファクタリングを知った当初は、そんなうまい話があるはずがないと思っていました。リスクがなくて手数料さえ払えば確実に資金が入ってきます。ファクタリングの良さは、相手に知られることなく売掛金を資金化できることです。特に、あまり付き合いのない会社の仕事を請け負う時に利用しています。最終的な資金確保につながるので仕事に入りやすいというメリットがあります。

 

ただし付き合いが古く信頼関係がある会社に利用することにはまだ抵抗があります。ファクタリングの形態がもう少し社会的に認知されて、相手方に理解されるようであれば、すべての取引にファクタリングを利用したいというのが本音のところです。資金繰りは、中小企業にとってとても重要でいつもどうやってお金を調達しようと考えています。

ファクタリングをしました

自分の会社の資金繰りが難しくなり、売掛金を回収しようとしたのですが、それも難航していたので、ファクタリングをする事にしました。ファクタリングサービスを利用すると手間賃を取られてしまうので今までファクタリングをしなかったのですが、資金繰りの悪化が激しいのでそれ以外の方法が無くなってしまいました。

 

実際にファクタリングを行うと直ぐに現金の振込をしてもらう事ができたので、資金繰りの悪化も解消されて、会社の運営も立て直しをする事ができて良かったです。それに自分で売掛金を回収する必要が無くなったので、時間を他の事に利用が出来るようになり、会社の立て直しに力を注ぐことが出来ました。

 

もしファクタリングを行ってなければ、売掛金の回収を自分でする事になり、例え回収する事が出来たとしても時間が足りない可能性が高く、会社が潰れてしまう事にもなりかねませんでした。

 

今までは利用をしていませんでしたが、少しの手数料を支払うだけでこんなに簡単に現金化する事ができるのなら今後も利用をしたいと考えています。自分の会社は特に売掛金が売上の大半を占めているので、この未回収分を全て任せる事ができる事で、事業拡大に力を注ぐことができそうです。

参考サイト