資金調達や経営改善に役に立ったファクタリング

私は小売業の個人事業主でファクタリングを利用したきっかけは、新たな分野での事業を考えたときにいろんな金融機関に融資の申し込みをしましたが、創業間もないこともあり残念ながら融資をしてもらうことはありませんでした。しかし当時はその時期のタイミングでなければ新規事業をおこなうことができず困っていましたが、そこで知人から利用をすすめられたのがファクタリングでした。

 

小売業ということもあり未回収の売掛金が多くあることも悩みであったこともあり早速利用することにしました。ファクタリングを利用してまず良かった点は担保を必要としなかったことで、それ以外にも売掛金が減ったことで精神的な負担も軽減され、以前は支払いの遅延などによる社員の仕事の負担が増えたこともありましたがそのようなことも少なくなり本業に専念でき売り上げアップにもつながりました。

 

ファクタリングを利用時は手数料などの費用の負担増はありましたが、売掛金が多いことでの支払いの遅延の心配がなくなり、期日内での入金を基にしっかりとした事業計画も立てることができ、はじめは簡単な資金調達方法に魅力を感じ利用したファクタリングでしたが、経営の改善や新規事業拡大にも役に立ちました。