ファクタリングのメリット・デメリット

企業の持つ売掛金をファクタリング業者が買い取りをするサービスがファクタリングと言います。商品やサービスを提供してもすぐに現金を得ることが出来ないため、支払期間が長く設定されている場合にはなかなか現金を得ることが出来ないため、資金繰りに影響が出ることがあります。

 

ファクタリングを利用するメリットとしては、簡単に資金調達をする事が出来るということです。銀行から融資を受けるという場合、申し込みをした上で企業の経営状態などが調べられ場合によっては融資を受けることが出来ない可能性がありますが、この方法であれば審査に通りやすく、担保を用意する必要もありません。銀行などの金融機関から融資を受けることが出来なかった企業に向いている資金調達に適している業者であると言えます。

 

では、デメリットはないのかと言うと、手数料が高いというデメリットがあります。手数料は、2社間・3社間など関わっている業者の数によって異なりますが、2社間での取引であった場合には買取売掛金の10〜30%、3社間であれば1〜5%程です。さらに、ファクタリングは売掛金がなければ行うことが出来ない資金調達の方法ですので、月商以上の金額を調達することは出来ません。