元ソフトバンクホークスの川崎選手が

ダイエーホークス時代からソフトバンクホークスでとても、人気のあった、少しおちゃめなキャラクターを持った、しかし、プレーもカッコよく、ファンみんなに愛されていた川崎宗則選手が、イチロー選手を追い、メジャーへ行って、もう、何年が経つことでしょうか。イチロー選手が、引退を表明し、私達(というか、私)は、「きっと、日本に帰ってくる!」と思っていましたが、それよりも偉大なイチロー選手の引退はすれど、メジャー残留のニュースの方が、大きく反響があり、川崎選手の事を私は忘れていました。

 

ずっと、応援していたファンの方は、その川崎選手のその後の動向は知っていたのかも知れませんが、川崎選手と一緒にプレーをしていた、「ポンちゃん」事、本多雄一選手は、昨シーズン、同様に引退をし、それも素晴らしい引退試合まで、行われ、今シーズンからは、もう、一軍の走塁コーチとして、試合をテレビで見ていると映る姿が見られるだけでも、「いいなぁ」と思います。

 

その点、先ほど書いた、「ムネリン」事、川崎選手の動向がハッキリしないまま、約2年が経とうとしていた本日のネットニュースで、なんと、川崎選手が台湾でコーチとして、迎えられたとの事が載っていました。「なぜ、台湾?」と思いながらも、日本からもあれだけの選手なので、オファーがあったと思いますが、川崎選手にも考える事があったのだと思います。

 

現役時代、絶好調の時は、試合前の練習時間にファンと一緒に「いざゆけ、若鷹軍団」(ホークスの応援歌)を踊っていたり、ファンサービスもとても良く、それにつけて、プレーでも魅了される選手でした。これからは、多分、いろんな面で、また、日本とも関わりを持っていく事があるかもしれません。川崎選手の今後にももっと、注目していきたいです。頑張れ!ムネリン!